リラクゼーションにとどまらず健康の回復維持に重点を置き、さまざまな健康上のトラブルに対応できる免疫力・自然治癒力のアップをめざします。

東武東上線朝霞駅近くの本格的台湾式足つぼ&ボディマッサージサロン足宝館

施術者プロフィール

施術者プロフィール

氏名 山口 功 (男性)
生年月日昭和37年9月5日
学歴①二松学舎大学文学部国文学科卒
学歴②放送大学教養学部生活と福祉コース卒
現在放送大学教養学部心理と教育コース在学中

高校卒業後、二松学舎大学に進学。あまり勉強した記憶はありませんが、国語学等の知識はその後日本語教師としての素地としてかなり役立ちました。日本語教師という職業が私のキャリアの中になければ、ここまで足つぼと健康について突っ込んで研究しようという考えは持てなかったと思います。足つぼのキャリアの出発点だったかもしれません。

放送大学では主に健康学のフィールドを勉強しました。元は大学院に関心があったのですが、ふと気になり、「学部の授業にはどんなものがあるのだろうか」と調べてみたところ、なんと健康学、解剖生理学、薬理学、福祉、看護学など、健康を語るために必要な細かな授業がたくさんあるではありませんか。さらには自律神経の働き、受ける影響を知るためにどうしても外せない、心理学、社会学まで学べる。そこで、方向転換して、教養学部に全科履修生として入学、平成29年に卒業したわけです。お客様に、健康学を体系的にお話できるのも、放送大学で学んだ知識を加えればこそなのです。

現在は「心理と教育コース」で、主に心理学を中心に授業を履修しています。
平成30年1学期履修中科目は、危機の心理学、人格心理学、認知心理学、中高年の心理臨床、の4科目です。

取得資格

足つぼ・ボディマッサージ関連1フットセラピーマイスタースクール 台湾式リフレクソロジーコース修了
足つぼ・ボディマッサージ関連2タイ ワットポートラディショナルメディカルスクール ゼネラルタイマッサージコース・アドバンスコース・フットマッサージコース修了
健康福祉関連1社会福祉主事任用資格
健康福祉関連2放送大学エキスパート「健康福祉運動指導者」認証
健康福祉関連3 放送大学エキスパート「福祉コーディネータ」認証
その他セラピスト関連1アロマテラピー検定1級
その他セラピスト関連2アドバンスカラーセラピスト
その他セラピスト関連3TERADA医療福祉カレッジ メンタルケアカウンセラー



足つぼは「フットセラピーマイスタースクール」というスクールで学びました。今はありませんが。内容としては足つぼのみならず、「漢方経絡セラピー」というオリジナルのセラピーでオイルマッサージのイロハ、ボディマッサージ、顔ツボ頭ツボ、ハンドマッサージ、ふくらはぎトリートメント。学科は解剖生理学、東洋医学、自律神経、などなど盛りだくさんで、今足宝館で行なっている予防医学・免疫学・健康学に基づいた足つぼの基礎になっていることは間違いありません。ただ、健康学については不足で、放送大学の授業を中心にかなり研究し、免疫学と合わせ、東洋医学的に見た独自の足つぼを確立しました。正直、ここまで来るのに10年かかりました。

健康と福祉は切っても切れない深い関係があります。現在の日本の福祉の状況を見れば、自分の健康は自分で守らなければならない時代がもうすぐそこまで来ていることがわかります。これこそが、健康学にとどまらず、福祉をも学ぶ所以です。お客様にはこのようなことも含めて施術中にお話しています。

英語
年に一度、海外に出てマッサージの現状などを視察しています。海外でタイマッサージや中国式足つぼのお店に行ったり、大学で情報交換する際、英語は必須です。過去に学んだ英語が大いに役立っています。

英語1国連英検B級
英語2TOEFL 560 (paper based) 現在とはスコアが違います。

そもそも英語は大の苦手だったのですが、海外で日本語を教えてみたいという希望を持っており、仕方なく英会話を始めたのが30歳の時。1年アメリカに語学留学して、日本語教師の仕事でタイに出張するようになり、その後駐在兼留学でタイに1年半滞在。英語の習得を含めこの経験がまさか今の足つぼの研究につながるとは思ってもみませんでした。何でもやっておくものだと思います。



興味のある方へ
⇨その他、一般に履歴書に書けそうな資格についてはこちら

powered by Quick Homepage Maker 4.78
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional